代表メッセージ

代表メッセージ

あらゆる工程に複合的に対応。

すべてを一貫して行う総合部品メーカー。

daihyou

当社の歴史は1954年、大津市粟津町でプレス加工を行う湖南鉄工所の創業から始まりました。その後、鉄のスクラップの回収をご依頼いただいた縁で三洋電機さんとの信頼を築き、洗濯機のプレス部品の製造を開始。1961年には、合弁会社として「湖南電機」を設立し、洗濯機を一貫生産する工場として最盛期には年間60万台を出荷するに至りました。

また、1965年に湖南鉄工所の社名を「湖南精工」へと変更。また、1963年には「近江精機」を、1967年には「大正電機」を相次ぎ設立し、製品の設計・成形・鋳造・板金・塗装・組立などを一貫して行える総合部品メーカーへと成長しました。近年は、2009年に湖南精工、近江精機、大正電機の3社を合併。2015年には草津工場と甲賀工場を合わせた甲賀ファクトリーの操業を新たに開始するなど、工場の集約化や組織の見直しを進めています。

一方、湖南電機は、三洋電機の洗濯機事業が中国・ハイアールの傘下となったを受け、2011年12月から新たにAQUAブランドの製造を開始。国内向けの高価格帯の家庭用洗濯機、業務用の洗濯機の製造を幅広く手掛け、その台数は右肩上がりで伸び続けています。

 

設計・開発段階から提案を行い、

お客様から当てにされる存在を目指して。

当社は、決して突出した技術を有しているわけではありません。しかし、数ある工程をすべて社内で完結でき、完成品まで仕上げることで、生産効率を大幅に向上できる。これが当社の強みです。今後は、この強みを最大限活かして複合的な事業をさらに深めていき、総合部品メーカーとしての地位をより盤石なものにしていきたいと考えています。

最近では、社員1人ひとりの努力が実を結び、単に図面通りの製品を作るのではなく、設計や開発段階からの提案を求められるケースも増えてきました。お客様のニーズをくみ取り、よりよい製品や加工技術をご提案できる。そんな「お客様から当てにされる存在」となるため、今後も社員一丸となり、さらなる高みを目指して努力を重ねていく所存です。

 

ものづくりに不可欠な現場力を養うべく、

グループ全体で5Sを中心とした改善活動を展開。

当社では、ものづくりに不可欠である現場力を向上させるため、「工場まるごと洗たく活動」、通称「まる洗活動」という取り組みを実施しています。「まる洗活動」とは、5S(整理・整頓・掃除・清潔・しつけ)を中心とした改善活動のこと。社員全員が主体的に参加することで、現場の問題点を洗い出し、より安全かつ効率的な生産体制を構築することが狙いです。

現在では、この取り組みがグループ全体に浸透し、仕事に対する社員一人ひとりの姿勢にも確かな変化が現われています。今後はこの活動をさらに発展させ、自動化などを絡めながら業務効率を向上させることで、より強固な生産体制を作り上げていきたいと考えています。

湖南グループ 代表取締役

金原 宣秀

 

  • お問い合わせ
  • 採用情報